望まれる各CMA090弁アセンブリの場合ブロックの各仕事セクションのための1つの(1)入口セクションモデルコードおよび仕事セクションモデルコードを形成しなさい。各項目が十分に形成された後、アセンブリに加えなさい選り抜き。アセンブリを完了したら、眺めの完全なアセンブリを選びなさい。多数弁のブロックを渡る仕事セクションを分けた場合、次の規則は続かれなければならない:

  • 1つのVSMおよび吸入圧のコントローラーだけシステムごとに要求される。システムが単一VSMに一緒に電子的にワイヤーで縛られるall the弁アセンブリを示すことに注目しなさい。
  • システムごとのセクションの 8 最高のアセンブリごとの仕事セクションの 15 最高を、含みなさい。
  • コンフィギュレータでシステムを造るためには、spec 2の個別アセンブリを(入口セクションを働かせるため)必要とし、次にこれらのアセンブリのために活発化を別に要求する。
  • 仕事セクションより多くが要求されたら 15 付加的なCMAシステムを形成しなさい。

  • 入口
  • セクション1
  • + セクションを加えなさい

入口:CMA090構成

シーケンス1

バルブファミリー

シーケンス2

通信プロトコル

シーケンス3

インタフェース・モジュール

シーケンス4

左舷タイプ

シーケンス5

吸入圧のコントローラー

シーケンス6

活動的な圧力港

シーケンス7

手動オーバーライド

シーケンス8

メインリリーフ設定

シーケンス9

ペンキタイプ

シーケンス10

シールタイプ

シーケンス11

特殊仕様

シーケンス12

ソフトウェア・バージョン

シーケンス13

設計記号